スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneで服の管理

fuku.jpg fuku4.jpg

年末の大掃除と、服の整理をしたついでに、残った服を1枚1枚写真に撮った。というのは、iPhoneのアプリ『Touch Closet』で管理するため。

実はこれ、撮った写真をカテゴリー別(トップス、ボトム、アクセサリー、靴、等)に分けて、コーディネートができるという優れもの。写真は、自分の服です。お気に入りの組み合わせを一画面にしておいて、指で画面をなぞると、写真がスクロールしていくんです。

これで、買物に行ったときに、どんな服がクローゼットにあったか思い出すことができて、似たような色やものを買ってしまうことも防げます。便利な世の中になりましたねー。


スポンサーサイト

twitterのつぶやきも

ブログにtwitterパーツを貼り付けました(右上にあるよ)。

このブログは、結構色々考えながら、しっかり書くことが多いのだけど、twitterは、もっと気軽なので(何といっても140文字までという制限がある)、通勤時間とかに、iphoneからポンと書き込むこと多し。

そうすると、どうしても手軽なtwitterにコメントが偏って、PC立ち上げてブログを書くということから遠ざかってしまうのではないかと考えることもあり、「そうだ、ブログにTwitterのコメントがアップされるようにすれば良いのだ」、とプラグインに設定しました。

もちろん、ブログも書いていきますが、twitterのほうがアップの頻度が多いと思うので、そちらもご覧くださいませ。タロットの「今日のメッセージ」なども、時間がないときは、twitterのほうで、書き込んでいく予定です☆

iphoneで新生活

phone.jpg携帯をiphoneに変えました。そんなわけで、今日の休みは一日中、いろんな設定やら、アプリケーションのダウンロードやらでPC&iphoneと格闘。ipodも入っているので、お気に入りの曲を入れて、少しずつ、充実した内容になってきました。

友人・知人へのアドレス変更の連絡も済み、やっと一息ついたところ。

しかし、面白い。いろんな機能がユーザーフレンドリーなので、イチイチ感動しています。これで、片道約一時間半の通勤タイムも退屈せずにすみそう。PCを持ち歩いているようなものなので、ミクシー見たり、スカイプしたり、Googleリーダー読んだり、登録したPodcast聴いたり、とイロイロ遊べます。


kingyo.jpgちなみにお気に入りのアプリはこちら⇒ 
金魚が水の音といっしょにゆらゆらと泳ぐ、という他愛もないアプリですが、これがなんとも癒されます。

ついでに、今流行りの「twitter」も登録してみました。まだ誰もフォローしてないけど、今見たら、全然知らない人が私をフォローしてました。誰? 

しばらく凝りそうです。

年の瀬ですね

mumin2.jpg mumin.jpg

何故かムーミンです。可愛かったので思わず写メ。

気がつくともう12月。12月は私が生まれた月でもあるので、「あ~、今年ももう終わり」という気持ちといっしょに、「あ~、また1つ年を取ったわ。」という気持ちが重なって、いつもこの時期、ちょっと寂しい気持ちになる。

だけど、「反省はしても、後悔しない。」がモットーなので、自分がやってきたことにクヨクヨするわけでもない。2009年は、働く環境も変わり、文字通り、あっという間の一年だった。2010年はどんな年になるかな。なんだか、ひとつの分岐点になるような気がしているのだけど・・・。

よく、過去の積み重ねが現在で、現在の積み重ねが未来につながる、と言うけれど、以前読んだ本の著者は、そうではなくて、「未来が過去になる」のだ、と書いていた。未来が、遠い前方から流れてきて、過去になる、というのが、そのとき妙にしっくりきたのを思い出す。

さて、今週は会社の忘年会が2回。来週にも1回。何やらバタバタしそうですが、あと3週間、がんばろう。

あと2ヶ月

200910272307000.jpgランチタイムに寄ったコンビニに置いてあったAssocieの表紙タイトル『手帳活用術』に目が行き思わず購入。例の「赤い手帳」を買ってから、手帳の使い方なんかを特集している雑誌はついつい買ってしまうのだ。

もう、2009年も残すところあと2ヶ月。書店やハンズでは来年の手帳が並び、手帳活用に関する特集やらで、すでに2010年を意識してしまう。

この季節は毎年、1年を振り返り、来年に向けてやりたいことなどをぼんやり考えるのも楽しい。さらに、お気に入りの手帳に書き込んだり、シール貼ったりしていると、次第にワクワクしてくるから不思議。

やり残したことや後悔も、年を越えると「振り出しに戻る」みたいな感じで、すべてチャラになる(ような気がする)からでしょうか。新たにやり直せる感が、前向きにさせるのかも。そう言いながらも、これまでの人生、後悔したことはあまりなく、過ぎ去った過去は自然と記憶から抜け落ちていくという神の恩恵?を受けている。(でも、反省はしよう)

やがてやってくる「まっさら」な2010年。どんな年になるのかなぁ。

新月の願い事

今日は新月です。

新月の日に願い事をすると叶うと言われています。私もこれまで新月のたびに願い事をして、気がつくと叶っていたりなんかします。先日も、以前書いた「2009年10月に○○する」という願いが叶ったばかりです。

というわけで、今日も願い事を書いてみようと思います。知らない人のために、願い方を以下に書きますね。

・願い事は2件以上、10件以内
・必ず紙にペンで書く(消しゴムで消せる鉛筆などは不可。パソコンも×)
・他人の心をコントロールするような書き方はしない(○○さんが○○してくれますように、ではなくて、自分ができることを書く)
・すんなりと叶いますように、という書き方にすると以外とすんなり叶う。
・書いたらあとは宇宙に任せる(こだわりすぎない)
・願いを書いた紙は人に見せない
・願いが叶うと信じる

今月は天秤座の新月というこで、公私共に「パートナーシップ」とか「調和」について強力なサポートが得られるらしい。天秤座に関係するキーワードはこちら↓

 結婚、交渉術、 パートナーシップ
 調和、チームワーク強化
 社交性を高めること、外交手腕

でも、基本的にはこれらに拘らず、好きなことを願えばいい。

通常、新月直後(今日の14:42)から48時間以内に願うのですが、今月は、14:42から23:26まで、「ボイドタイム(void time)」と言って、間違いが起きやすいという理由で、この時間は避けたほうがいいそうな。

そんなわけで、今日の23時半ぐらいから書いてみるとしよう。

ちなみに、私はこの新月の願い事と、以前このブログでも紹介した「コスモマップ」を併用することがあります。今回は、今日の新月を利用して、この「コスモマップ」を書き直そうと思っています。

 

隠れ家的カフェ

gste0.jpg今日は知人とお茶をしにちょっと街へ。ネットで見つけた小洒落た感じのカフェ『Bunch of Peonies』に行ってきました。入り口は花屋さんかと思うくらい緑がたくさん置いてあり、いい感じ。

中は結構狭くて、2~4人掛けのテーブルが5つほど並んでいるだけ。店員さんは女性一人。基本的にメニューは飲み物とケーキとスープだけ。

soup.jpg頼んだのは「スープ&焼きたてパン&デザート&ドリンク セット」で、1,000円だよ。今日のスープは、「ごぼう」か「パプリカ」。というわけで、私はパプリカのスープを頼みました。大き目のカップに結構たっぷり入っていて、これだけでお腹いっぱい。白パンと黒ごまパンも美味しかった。

cake.jpgスープを食べ終わった頃に、デザートとドリンクがやってきた。私は写真のチーズケーキ。他にも紅茶のスコーンとか、チョコレートケーキとか頼めます。写真のドリンクはカフェラテだけど、なんだかカフェオレの味がしました。普通にコーヒーを頼めばよかったと、ちょっと後悔。

inside.jpgでも、チーズケーキも美味しく満足です。お店はやっぱり女性向かな。白い壁と木のテーブルがシンプルで、天上のシャンデリアも出しゃばり過ぎず、といった雰囲気です。ただ、若干狭い感があり、隣の人の話し声がバンバン聞こえます。秘密の話がしたいときには向きません。

場所はちょっとだけ外れたところにあるので分かりづらいですが、その分、狭い店の割には座れるかも。

病み上がりですが

今週は月~水曜と出張で札幌に。

ところが、帰りの飛行機に乗ったあたりからカラダが熱っぽく、ダルさで超眠い。「まさか、インフルエンザでは!?」と不安になり、今日は会社を休んで検査をしてもらいに病院に。鼻の奥深くまで細長い綿棒を入れられ、「いや~っ」と心の中で叫ぶ。終わったときにはあまりの鼻心地の悪さに、左目の端から涙がツーっと流れ落ちていた。

結果は陰性で一安心。半日寝たら大分良くなり、19時くらいからムクムク起きて、テレビをつけると、『本当にスゴイ!占い師』という特番をやっていた。

巷で噂の占い師たちの紹介。結構タロットカードを使う人達が多くびっくり。絵柄を見ているとほとんどがウェイト版を使っていたけどね。その中で、昔化学者をやっていて、あらゆる占いを疑ってそれを暴く為に研究をしていたけど、タロットだけは、唯一否定できなかったという男性が登場していて、「やっぱりタロットはすごいでしょ。」と一人で頷く。

それにしても、占い師ってつくづくカウンセラーだなぁ、と思ってしまった。相手にストレートに言葉をかけることもあれば、優しく励ますこともあり。泣き出す相談者にタイミング良くティッシュを差し出すあたり、慣れたものである。相談者も、知らない相手だからこそ、「実は・・・」と、自分が抱える秘密を語りだす。相談者からしてみたら、誰も知らない自分の心の内を見抜いてしまう(ようにみえる)占い師は、ある種特別な存在なのでしょう。

続きを読む

根拠のない自信

今日は、会社帰りに、会社の人と3人でお茶をしにいきました。
二人はお茶だったけど、私は少々アルコールが欲しくなりワインを一杯 

一緒に行ったMさんは、社内でも愛嬌のある女性で、先日もランチタイムに、「うちの会社でフェロモン感じる女性って誰だと思う?」と周りに質問したときに真っ先に名前が挙がった人す。今日たまたまカフェすることになり、ここぞとばかりに彼女のフェロモンぶりを研究  なぜなら、先日チャクラリーディングでエネルギーチェックしてもらったときに、「もう少し、フェロモン出すといいですよ。」と言われたばかりだからです。

「いろいろ大変だよねぇ」とお互いの日々の話をしていると、突然Mさんが、「○○さん(私のこと)、肌がキレイになりましたよね。何かしてるんですか?」と言われ、顔がニンマリ

特に化粧品を変えたというワケでもないのですが、キレイになったと言われて、妙な自信をつけて、ルンルン気分でスキップして帰ってきました。

家に帰ってテレビをつけると、NHKで『めざせ!会社の星』という番組をやっていました。会社の新人たちがその日のテーマについて語る番組ですが、今日のテーマは「アゲアゲになる心理術」。どうやって会社でモチベーションを上げられるか、という内容で、最後に脳研究の茂木健一郎さんが、ポジティブな思考回路を作るためには、「“根拠のない自信を持つ”」ことが大事、と語っていました。

“根拠のない自信”を得意とする私は、「やっぱりそうだよね」、とさらに根拠のない自信を抱く・・・。


一目ボレです

今日は色々と予定があり、早起きしてルンルンと外出。ついでに東急ハンズに寄ったら、システム手帳のレフィルに目が行きました。最近は市販の綴じ手帳を毎年買い換えていたので気づかなかったのですが、しばらく見ない間に色んな種類のレフィルが増えたのですね。「仕事の達人シリーズ」とか「プライベートシリーズ」とか。

binder0.jpgこれだったら好きなレフィルを色々挟んで楽しめそうだなぁ、と、ふと頭を上げると、「バーン!」とワイン色のバインダーが目に入りました。「う、美しい・・・。」 完全に一目惚れで、それ以外のバインダーが目に入らない。手に取ってみると、ふんわりと皮革の香りが漂う。

続きを読む

今日の一句

本日の一句
“待ち呼つく とってもとっても 待ち呼つく”

この一句を読んで、思わず腰が砕けてしまいました。いつも週末18時過ぎには届く、会社からのメールでのパフォーマンス報告。それが今日は18時半過ぎても届かない。どうしたのだろう、と思っていたら、やっと届いたのが18時45分頃。届いた数字報告をスクロールしていくと、最後に出てきたのが上の一句。

このセクションは毎回パフォーマンス報告と一緒に何故か「一句」を読むという変な習慣があります。毎回笑えるのですが、今日も大笑い。ある意味専門用語なので、分かる人にしか分からない文章ですが、実はとっても当たり前なことを一句にするあたり、送り主の顔を思い浮かべると納得。彼女は以前、私を「熟女」と呼んだツワモノである。

もしかして、今日の一句が浮かばず、メール配信が遅くなったのでは!そして、悩んで悩んだ挙句の一句がこれだとしたら、超ウケル。

blogram

さっき、「前見てね」のブログを登録したら、『blogram』という広告が目に入り、早速登録してみました。

『blogram』のホームページ

『blogram』とは、ブログランキング&成分解析サービスで、20,000ものランキングカテゴリから気になるブログを見つけたり、ブログの特徴やみどころをご案内してくれる。この、自分が書いたブログの内容から、みどころを分析してくれたり、自分のブログが、どのカテゴリーで何位にランキングしているか教えてくれるっていうのが面白い。しかも、そのキーワードから、関連のブログや書籍を紹介してくれる。

ちなみに、登録した『スピ部公式ブログ』の「みどころ」分析のところには、こんな風に出てきました。

続きを読む

衝撃でしたから

昨日はミーティングで以前勤務していた本社オフィスに行きました。すると、それほど親しくもないのだけど、数値管理のことで時々言葉を交わしていた男子から声をかけられました。

彼はまだ20代前半のメガネをかけたインテリ系で、毎朝オフィスで自分でコーヒーを点てて飲み、しかも猫好きで、デスクに愛猫の写真を飾っているような子です。

彼:「マリリンちゃんは、元気ですか?」

私:「へ?」

200808092315000 (2)一瞬何のことかと思いきや、「ああ、マリリン」と、私の脳裏に可愛いベイビーの顔が思い浮かぶ。以前このブログでも書いた「マリリンちゃん」のことである。

本社に勤めていた頃、私はマリリンちゃんの写真をパソコンに貼っていたので、来る人来る人に、「この子、マリリンちゃん」と紹介していた。彼にももちろん、「この子、マリリンちゃんていうの。すごく可愛いでしょう。」と話したのを思い出した。

私:「よく名前覚えてるねー(感心)」というと、

「あれはとても衝撃的だったので。」と彼。

なるほど、そんなに衝撃的だったのか、と一種の新鮮さを覚え、一方で、最近すっかりマリリンちゃんのことをほったらかしにしていた事を反省する。今頃すねているに違いない。

来週からマリリン復活としよう

偶然?

今日の会社からの帰りのこと。駅からマイ自転車に乗ろうと思ったら、風が強かったせいか地面に倒れていて、隣の自転車のペダルが私の自転車のタイヤの輪っかに食い込んで取れない。どうしようかと思っていたら、一人の女性が「大丈夫ですか?」と声をかけて手伝ってくれました。

やっとのことで自転車を立ち上げて、その方に「どうもありがとうございます」と深々とお礼を言い、立ち去ろうとしたそのとき。「ひさみちゃん?」と彼女は言う。

マスクをしていて髪型も変わっていたので全然気づかなかったのですが、その人は、15年程前、ときどき食事をしていた知り合いでした。「久しぶり~」ということで、近況を話しをしていて、私が「今、○○っていう駅の近くで働いてるんだ。○○っていう駅分かる?」と言うと、「ああ、知ってる。私の友人がその駅の近くのビルで働いてるよ。う~んとほら、△△っていう会社なんだけどね。」と言うので、びっくり。なんと、彼女の友人がうちの会社のオペレーターとして働いているというのだ。

15年ぶりの再会で、なおかつ、彼女の友達がうちの会社で働いているなんて。ちょっと気持ちワルイ・・・。

彼女との再会のためにマイ自転車が倒れていたのか、そのオペレーターに目を向けさせるためなのか、それともただの偶然か・・・。

やっぱり気持ちワルイ。

カッとなったとき

カッとなったとき、口を開く前に思い出すべき『三つの門』。

1.これらの言葉は真実か?
2.これらの言葉は必要か?
3.これらの言葉に思いやりはあるか?

堀内浩二さんの「リスト化仕事術」という本から。
昔の賢人たちは、発しようとしている言葉が三つの門をくぐったときに初めて、その言葉を口にしたそうです。

ついつい感情的なってしまうとき、助けてくれそうです。
特にメールの送信ボタンを押す前に・・・。
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。