スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事実と感情の間

今日はコーチング講座8回目。「コーチングとは?」についてのファシリテーションをなんとか終えて、やっと一息、自宅のコタツでホンワカしているところです

ファシリテーションの話は次回に譲るとして、今日の講座内容の中で面白い考え方を教えてもらったので紹介したいと思います。それは、「人間は、会話の中で、“事実”ではなくて、それにまつわる“感情”や“想像”を語っていることが多い」ということ。

つまり、自分あるいは誰かが、いかにも「これが事実なんです!」と話しているように見えても、実は、その人が自分の思い込みや信念、過去の経験から、その事実にオブラートをかけて話をしていることが多いということなんです。

これを、アメリカの臨床心理学者、アルバートエリス博士が『ABC理論』と読んでいます。

続きを読む

スポンサーサイト

セクシー気分で

200801222326000.jpg

届きました。『コアリズム』

ラテンダンスを取り入れたエクササイズプログラムです。早速パッケージを開いて基本プログラムのDVDをオン。約40分のエクササイズは、ほとんど腰をフリッぱなし。

軽くダンス?した後はかなりの爽快感 なんだか楽しい 下半身だけでなく、上半身も使うので、かなりの有酸素運動です。実は今も上半身をフリフリしながらこのブログを書いてます

しかも音楽はラテンだけあって、リズミカル。たとえ画面の踊りについていけなくても、適当に自分でフリつけて踊っちゃいます

そんなわけで、しばらく(続く限り)、セクシーダンス月間と名づけて踊ることにしました。

酒と音楽とシークレット

家の中に日本酒があったので、寝る前に1杯飲みながら書いてます PCから流れる音楽はジャズシンガーDiana Krallの“The Look of Love”。 そして、ほろ酔い気分で読んでいるのは、コーチング仲間から借りた“The Secret”です。

今までなら、スピリチュアル系のセクションに置いていただろう内容の本が、話題の本として、ビジネス系の本棚に並ぶ時代。

スピ系の書籍を読んできた私にとって、『The Secret』に書いてあることは、取り立てて目新しいことではないのだけれど、コーチングを勉強しているせいか、そこに書かれていることが今まで以上にストレートに入ってきます。

実は次回のコーチングの授業で、『コーチングとは?』について10分間発表するという宿題が出ています。どんな内容にしようかな~。そんな時に私には強い味方が。

続きを読む

手相家まるちゃん

200801182128000.jpg 200801190030000.jpg

今日は私がタロットを始めるきっかけとなった、『手相家まるちゃん』 主宰の新年会に参加してきました。まるちゃん先生は、西谷泰人先生に師事し、10代の頃から鑑定をしている今や行列のできる手相家さんです。

参加者は35名くらいかな。まるちゃん先生の人望が伺えます。
今日は金山ワシントンプラザで講演会があったらしく、その足で新年会会場に登場されたまるちゃん先生は、相変わらず爽やかな好青年でした

既にスピ部員の内、5,6名がまるちゃんに手相を見ていただいているので、スピ部代表でお邪魔しよっ、と思って行ったら、なんとうちの貴重な男性部員も参加していました(笑)

続きを読む

コーチング7回目

昨日はコーチング講座の7回目。早いもので、残すところあと3回となりました。そして、初のコーチング演習! グループコーチングといって、クライアント役とコーチ役に分かれて、一人の人に対し、10分間ずつ交代でコーチをしていくというものです。

その前に、講師の方から、「今年の目標を漢字一文字で表してみると、どんな漢字になりますか?」というお題が。

一年を振り返って漢字一文字で表す、というのはよくありますが、これから始まる一年の目標を漢字一文字で決めちゃうことで、自己達成予言の役目を果たすのだとか。

思いついた人から一人一人発表していくと、「繋」「流」「穏」「躍」「謝」「聴」「働」「粋」「活」、など様々な漢字が出てきました。

続きを読む

美しいビジョン

女帝

前回チラッと書いたタロット大学中級コースの『パスワーキング』。

これは、カード1枚1枚と深くつながるために、「想像力」を使ってワークをします。先生が各カードについて、あるストーリーを語るのに合わせて、私たちはそのイメージをなるべく詳細に思い描きます。これを“Creative Visualization(クリエイティブ・ビジュアライゼーション)”と言うそうで、ぼんやりと瞑想状態になるのではなくて、むしろ積極的にイメージを作るというものでした。

ストーリーは与えられますが、細かなディテール(人や物の表情、香り、感情、感覚等)は、自分で創る事になります。

冒頭のカードは、『Ⅲ女帝』。 創造力、アイデア、美、知性、といった意味を持つカードです。ゆったりと椅子に腰掛けた女性の視線は右のほうを見つめています。カモワンタロットでは、右側は「未来」を表します。つまり彼女は、「未来=ビジョン」を見つめているのです。

「ビジョンというのは、本来“美しいもの”です。」と先生は説明されました。「この女性は、視線の先に、美しいもの、つまり、“愛”を見ているのです。」と。

続きを読む

隠者コース始まる

東京から戻りました~。

タロット大学は、有楽町駅から徒歩10分と、とってもわかりやすい場所にあり、家からドアトゥドアで3時間。昨日は一番のりで大学(といってもビルの1室です)に入ったのですが、部屋はアロマの香りが漂い(タロット大学ではアロマコースもあります)、壁には『太陽』と『世界』のポスターが額に入って飾られていました。

定員22名の「隠者コース」は満員で、女性20名と男性2名が参加。
いつものように、スーツ姿の大沼先生が教壇に立たれると、ホントに大学の講座を受けているような気分です
「過去には2つあります。それは“歴史”と“伝統”です。この2つの違いが分かりますか?」
という質問から始まった授業の内容はというと、かなり幅広く、とてもじゃないけど、全部紹介しきれません  

続きを読む

いざ東京へ

明けましておめでとうございます!
すっかり、2008年ですね

さて、明日からタロット大学の中級コース(理論編)を受講しに、東京まで行ってきます!
コース内容は、大まかにいうと、

1)パスワーキング
2)タロットの起源と歴史
3)タロットの哲学的根拠
4)タロットの数論的 、幾何学的構造

と、タロットについてより深く理解するための内容になっています。

カリキュラムを見ると、マグダラのマリアとタロットのつながりとか、ダ・ヴィンチ・コードを思い出させる話もありそうで楽しみ

それから先日名古屋コースで東京から補講に来てた牧子さんや、偶然にも、一昨年東京でお会いした方が今回同じクラスにいらっしゃるということで、久しぶりの再会に今からワクワクしています。 また、報告します
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
12 ≪│2008/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。