スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大なオレンジの花

今日、受講中のフラワーエッセンス講座の3回目(メタレベル3)の添削が送られてきました。毎回提出したワークシートに対して丁寧に担当プラクティショナーの方が返信をしてくれます。

読み進めると、彼女からの問いが。

「巨大なオレンジ色の花が空に浮かんでいる夢はとても興味深いですね。その後、この夢について何か思い当たることがあったでしょうか?」

ああ、そうか。私はそんな夢を見ていたのを思い出した。見たときは、あまりにもその夢がリアルで生々しく鮮明だったので、目覚めたときはとても印象に残っていましたが、日が経つにつれてすっかり忘れていたのです。

何か思い当たること・・・。その夢は、今でもハッキリと思い出せます。鮮やかなオレンジ色の巨大な花が空に浮かんでいました。それは、異様にデカく、シイタケのように肉厚で、巨大な生き物のようにそこに存在し、「生」を感じさせるイキイキとしたエネルギーを放っていました。私は頭上のそれを、テーマパークのような遊園地のような所に立って見上げていたのです。

オレンジ色の花・・・遊園地・・・・・・・「ハッ

続きを読む

スポンサーサイト

もっと右脳を。

夢を見ました。

私は何やら企画書のようなものを書いています。
そして、できあがったものを手渡した相手は、何故かうちの会社の副会長 彼はパラパラと目を通すと、たった一言私に言いました。

「もっと右脳を使いなさい。」

右脳を使うって、どういうことだ。

私はロジカルにモノを考えるのが苦手で、なんでも「雰囲気」で物事を進めていくタイプ。ところが最近、これではいけないと、論理的思考ができるように、『戦略的な人の超速☆思考術』という本を買ったばかり。そんな矢先に、夢とはいえ、「もっと右脳を使いなさい」と言われたものだから、混乱してしまうではないか。

ところがこの本を読み進めると、“左脳と右脳の働きを理解しよう”というページが出てきた。

“右脳を活性化するためには、左脳と右脳のコミュニケーションを円滑にすることが鍵といわれています”

なるほど、脳もバランスなんですね。『言葉(左脳)』と『イメージ(右脳)』の連携がポイントのようです。

はい。右脳ももっと使います

子供の心を取り戻す

今週から新しいエッセンスを飲んでいます。テーマは「子供の心を取り戻す」。前回のブログの創造性ともつながっています。

Zinnia(ジニア)
キーワード: 子供のようなユーモアと遊び心、喜び

Baby Blue Eyes(ベビーブルーアイズ)
キーワード: 子供のような純粋さと信頼

White Chest Nut(ホワイトチェストナット)
キーワード: 止められない思考、心配事、心の平静

続きを読む

創造的に生きるには

「創造的に生きるには?」  今月に入ってからの私の課題で、ずっと頭の中でこの問いがグルグルしています。というのも、先日このブログでも紹介した、フラワーエッセンスの「メタレベル5」に移ったから。とりあえず、思いつくものを“マインド・マップ”
mind map 
本を見ながら見よう見まねでやってみたら、楽しいではないか
そして、なんとなく見えてきた私なりの答え。

1.遊び心を持つ
2.脳(思考)を自由にする
3.常に問いを持つ
4.五感を磨く
5.好奇心を持ち続ける
6.心の声に耳を傾ける


そして、創造性を高める上で役に立つ本を図書館から借りてきました。

続きを読む

友人へのヒーリング

土曜日、友人と映画『ある愛の調べ』を観にいってきました。どうやら話の内容は賛否両論のようですが、私的にはラフマニノフの音楽を大音響で味わえただけで、◎。

映画のストーリーについては語りませんが、映画の中の美しい景色や、美しい音楽がとても叙情的で、“久しぶりの感情”が溢れてくるような感覚に陥りました。、下手すると毎日が無機質に流れていく今の時代、こういう情感に訴えるスパイスはありがたい。少なくとも私にとっては

特に冒頭のピアノ協奏曲第2番の演奏のシーンだけでも見た甲斐がありました。一緒に行った友人も『のだめ』以来、ラフマニノフのこの曲の大ファンで、しょっぱなから感極まっていました。

続きを読む

心がいっぱいです。

明日は友人とラフマニノフの映画『ある愛の調べ』を見に行きます。そのせいか、今夜はクラシックモードで、会社から帰ってきてからずっと、いろんなクラシックCDをつまみ聞き。

今日は思ったように仕事がはかどらず、不完全燃焼で帰ってきたせいか、ストレスもたまり気味。そんなときにカラダが求めるのはベートーヴェンの第9。年末にお馴染みの曲ですが、テレビで流れるのは決まって最後の合唱の部分。でも第9は是非とも第一楽章から通しで聴いて欲しい曲。導入部分から、ゾクゾクします。かなりカッコイイです。かなり。

この曲でおススメするCDはバースタインとウィーンフィルのこのCD
第9

波打つような音が、体中にまとわりつきます。凄まじいほどのエネルギーです。そして最終楽章の合唱の部分は、本当にココロが震えてしまいます。クラシックなんて眠くなる!という方が聴いたら、その迫力にびっくりするはずです。逆に興奮して眠れなくなります。

ストレスのあるときとか、なんだか冴えない気分のときにこの曲を聴くと、聴き終わる頃には感動で、心がいっぱいになります。魂が、喜んでいるのがわかります。

音楽にはそのくらい力があります。

偶然か、必然か

キャリア開発の理論の1つに、『プランド・ハプンスタンス・セオリー』というのがあるそうです。直訳すると『計画された偶然性理論』。キャリア、あるいは人生は、どうしようもないこと、予期せざることで80%が決まってしまうというもので、つまり、自分の意思で人生を変えることができるのは、わずか20%。だからこそ、偶然に起こる80%をうまく活かしていこうという考え方。

確かにキャリアも人生も、計画通りに進むというより、偶然性に左右されている部分が多いですね。自分が望まない部署に移動になったり、私はこれをしたい、と思っていても、何故かいつも違う方向に行かざるをえなかったり・・・。

どうやら、それを、「どうしようもない」と思うのか、「チャンス」と捉えるのかで、違いが出てくるようです。

美輪さんや江原さんの番組で、よく、「それは偶然ではなくて、必然です。」という会話が出ますが、その出来事が“偶然”で終わるのか、“必然”として大きな意味を持ってくるのかは、自分の意識や行動によるものが大きいのかもしれませんね。
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。