スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風水で開運(その1)

私はいわゆるスピリチュアルずきですが、今まであまり
関心のなかったものに『風水』があります。

ところが先日、かなり本格的な風水師にお会いする機会
があり、色々話を伺ってみると、へぇ~、と関心する
ことばかり。

風水といえば香港の香港銀行ビルと中国銀行の「風水戦争」
が有名らしく、2つとも互いに相手のビルに対して悪い
「気」を放ち、なおかつ相手からの悪い気を跳ね返すよう
にできているそうです。

東京でも風水を取り入れているビルは多いらしく、
有名所では、恵比寿ガーデンプレイス六本木ヒルズなど。
(ちなみに恵比寿はヒーラーや風水師が多いのだとか。)

きのうも「キンスマ」で藤原紀香と陣内智則を結婚に
導いた女性
として紹介されていた風水建築デザイナー
がゲストで出演していて、彼女のクライアントには、
格闘家の魔裟斗をはじめ、各界の著名人が名を連ねていました。
そして彼女が語っていたのが『天中殺』

なんだか懐かしい響きだわ。
そう思って番組が終わったあとに何気に自分の天中殺を
調べてみると、な、なんと

去年から天中殺ではないか
私は「戌亥天中殺」というのらしく、天中殺年は
2006年と2007年。真っ只中ではないか・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・気がついたら、私は本屋で『黒門八宅風水』
なる本を手にとっていました。

帯びについているこの黒門という著者の顔写真。
この顔はどこかで見たことあると思ったら、以前テレビで
繁盛しないお店の壁に釘をトントンと打っていた
おじちゃんではないか。

本をめくると、彼の紹介する風水は中国の伝統風水の
中でも最もポピュラーな『八宅風水』というもの。
日本に江戸時代から伝わる「家相」や「九星術」とは
また異なるそうです。

“伝統”とか“本場”という言葉に弱い私は、
「やっぱり風水なら中国よね。」と、この本を購入。

家に帰って早速自宅の平面図を取り出し、磁石片手に
家の中心(太極)八方位を確認することから始めました。

<次回へ続く・・・>






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

風水とは

風水とは、本来は地理学、都市計画、そして建築学の学問なんですよね。即ちエネルギーの高い場所を、地理的に分析して、都市計画の考え方で生活に生かすというわけです。

ですから、昨今「風水」って呼ばれているものは、本来風水とは違ったニセモノなんですよね。

アレクサンド様☆
こんにちわ!そうなんですよね。その風水師の方も同じことをおっしゃっていました。「本物」でない風水もたくさん巷に溢れてて、風水はスピリチュアルというよりは学問だそうです。日本の建築家にも風水を取り入れている人はたくさんいるらしいですね。

「続き」みえちゃんと楽しみにしてます☆
お家どんな風になるんだろう???
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。