スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風水で開運(その2)

<前回から続く>

本を片手にお勉強。

風水とは!・・・「大地の気の流れを判断し、それを
調整することによって開運する術」。ふむふむ

その「気の流れ」は家の中にもあって、それを扱うた
めの手法として、八宅風水では、そこに住む人の「本命卦」
というものを用いる。ほお~

「本命卦」のタイプは8つ。
生まれた年と性別によって分けられます。
その本命卦の違いによって、相性の良い方位と
悪い方位
が決まるのですね。

私の場合はこれ↓(“八宅盤”と言います)
200705142111000.jpg
「この店にいると、なんとなくいい気分になる」とか
逆に、「なんかわかんないけど、この場所は落ち着かない」
とか感じるのは、その人にとって「吉に作用する相性の
良い方位」なのか、「凶に作用する相性の悪い方位」
なのか、ということに左右される場合があるから
なのだとか。

で、上の八宅盤のそれぞれの方位に書かれているのが
『八遊星』といって、4つの吉方位と4つの凶方位
あります。

■吉方位
「生気」・・活力が湧いて、積極的になれる最大吉方位
「天医」・・集中力が高まり、健康にもなれる大吉方位
「延年」・・恋愛運を高め、人間関係をよくする吉方位
「伏位」・・家庭円満、平穏無事に過ごせる小吉方位
■凶方位
「絶命」・・障害が多く、活力が減退する最大凶方位
「五鬼」・・トラブルを招きやすい大凶方位
「六殺」・・自堕落になり、失敗しがちな中凶方位
「禍害」・・小さなトラブルに悩まされる小凶方位


こんな感じ。なんだか「延年」に惹かれるのは気のせいか

で、
吉方位にあると良いもの=玄関・寝室・リビングなど。
凶方位にあると良いもの=キッチン・浴室・トイレなど。

「燃やす」「流す」場所は、悪いエネルギーをいっしょに
排出できるから凶方位がいいってワケですね。

特に風水で重要視されるのが、気の入り口である「玄関」と、
長時間寝て過ごす「寝室」と、エネルギーになる食べ物を
作る「キッチン」

ここでふと、自分の家の間取りをチェックしてみると
・・・・・ひえっ

大事な玄関が「凶方位」にあって、キッチン・浴室・トイレが
あってはならない「吉方位」にある

そ、そんなぁ~ だって今さら間取りを変えられないじゃ~ん

ところが読み進むと、風水にはそういう時のために、
運気を取り戻す方法があると書いてあります。

私は涙をふきふき、ページをめくりました。

<次回へ続く>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして。八宅風水ですね。八宅は風水でも基本になりますが諸外国では一番ポピュラーな風水になりますね。わたくしも風水をたしなんでいます。よろしければお越し下さい。
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。