スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えば2007年は・・・

今日、何気に石井ゆかりさんの月間ビジネス占いサイトで私の星座『やぎ座』のバックナンバーをのぞいていたら、「9月の運勢」でこんな記述がありました。

キーワード:専門分野を獲得する旅へ
“・・・・長期的に学んでいきたいテーマを持ったり、留学の決意を固める人もいるかもしれません。このタイミングで出てきたそれらの目標は、一時の気の迷いではなく、本物度が高いはず。本気で取り組めば必ずモノにできます。自分の力や可能性を自分から限定してしまわず、外側に広げていくことを考えていい時期です。・・・”


実は先月中旬の連休中にふと思い立ったことがあり、ネットや本屋で情報収集し、連休明けにはそれについて学べる養成講座に申し込んでいました。

受講料も結構するので、ぎりぎりまで迷いましたが、「ええいっ。ままよっ!(古っ)」と頭の片隅に何度も廻ってくる不安を意志の力でふるい落とし、自分なりにコミットメントをしたところだったので、今日この文章を目にしたときに、一見無謀な自分の決断が、少なくとも星の動きに合致したものだったのだ、と安堵の胸をなでおろしたところです(笑)

思えば今年2007年は、「夢中になれるもの」に巡り合った年であるように思います。私の手帳をたどってみると、今年の1月からタロットの勉強を始めています。このブログを読んでくださる方はご存知のように、タロットは今では私の生活の一部。もともと凝り性な私ですが、これほど深く学んでみたいという衝動に駆られたものは久しぶりです。それ以前に凝ったものといえば、20代前半にむさぼるように勉強した『英語』ぐらい。いわゆる英語を生かした職業を求め、翻訳や通訳の経験もしたのですが、元夫(外国人)と離婚してからは英語道への熱はすっかり冷めていました。
今思い返すと、あのときの英語に対する情熱は、ニュージーランドでの様々な出会いを経験するための「下準備」だったような気がします。その経験が終わった途端、私の関心は他のものに移り始めたました。「なんだかしらないけど、どうしてもそれをせずにはいられない」という感覚は、これからやってくる新しい経験への導火線のようなものなのかもしれません。

同じく石井ゆかりさんの『2007年の年間空模様』で、今年のやぎ座の空模様を引用しました。

“・・・・・2007年、貴方が遭遇するものはみんな貴方の今後の活動に関する「動機」を生み出してくれます。そしてそれを受け取りながら特に2007年後半は具体的に動いていくことになるだろうと思います。・・・2008年には「手段」のほうが確実に動き出すのですがそれは、動機を元に自分の立ち位置を鍛え上げたところで起こる、魔法のような出来事に思えるだろうと思うのです。・・・”

今年はじめたタロットや今月スタートする講座が、今後の私の人生にどう関わってくるのか楽しみです。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。