スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溶かす

W7S[1].jpg

最近1週間が終わると、頭の中がパンパンになっている自分がいます。頭の中は、もちろん「マインド」です。仕事をしていると、自分の思い通りにならないことのなんて多いことか・・・。特に組織という1つの器の中で毎日を過ごしていると、自分の考えと違う方向に物事が動き始めるたびに「不快感」がやってきて、なんとかその「不快感」をぬぐおうとエネルギーを使い始めることになります。

つまり、物事や相手を「正そう」とするんですね。どうやったら自分の思い通りに仕事を進めていけるのか、どうやったら会社の中で自分の「正当性」を理解してもらえるのか・・・。そんなことを考えているうちに、1週間たつ頃には何度も何度も頭の中をグルグルと駆け巡った思考(マインド)で頭の中がいっぱい。土曜日はそんな頭を休めるために、だいたいお昼近くまで寝ることになります。

ちょっとメディテしよ、と思って20分くらい目をつぶって頭を空っぽにしていたら、以前このブログ(バースビジョン【正中線】)の中で書いた“ノイズ”のことを思い出しました。いまの私の中のマインドの多さは明らかにノイズである。おかげで正中線が乱れまくっている。今さらながら、人や環境を正そうとすることは、とってもエネルギーを使うことだと気がついた。それはまるで、「もぐら叩き」のようなもの。「それ違う!」「それダメ!」と自分の考えと相反する物を次から次への叩き潰していく作業に似ている。そんなことをしていたら、疲れるに決まっている。今日「バースビジョンノート」を読み返していたら、こんなくだりがありました。

“相手を変えようとしても無駄ですよ。自分ができることは、つい怒りに反応してしまう自分の中のエネルギーのブロックを溶かすことです。”

確かに『怒り』のパワーは人を動かす原動力になります。私も結構使います(笑) 力ずくで物事を推し進めていこうとするときには手っ取り早い感情ですね でもそれを多用しすぎると、カラダのあらゆる部分が固く緊張していくので、1週間終わる頃にはヘトヘトになっているのです。 やはり、愛や希望からくる行動と違って、怒りや不満からくる行動は、どこかにストレスを生むものですね。

そんなとき、思い出すのが冒頭のカードです。
このカードを見たときに、「彼は自分の正義と信念のために闘っている」と思えるなら、それは正当な怒りなのでしょう。それとは反対に、「なんだか彼は何かにあがいてて必死だな」と感じたら、どこか無理をしている自分がいるのかもしれません。今の私は後者でした。彼がとっても苦しそうに見えるのです。

カラダの不調はココロのアンバランス。
頭の重さ、肩のコリ、胸の痛さ、みぞうちの緊張。それらは凝り固まったマインドを知らず知らずに自分が抱え込んでしまっていることのサインかもしれません。カラダのあちこちに溜まってしまったブロックは、ときどき見つめて溶かしてあげることが大切です



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

昨日、ひさみさんの会社の人たちに会いましたよ。Sちゃんの結婚式に招待されて行って来ました。
会社相変わらずみたいですねv-388

コヴィー氏の「7つの習慣」の中に“影響の輪”と“関心の輪”についての記述があるんですが、それに似てるのかなと思いました。要は自分のパラダイム(見方)による所が大きいということです。脳というのは、ホントに錯覚しやすいので厄介ですね(笑) パラダイムというのは一度できあがってしまうと固まってしまうので、意識的に変えていくことが必要なんでしょうね。
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。