スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根っこにあるもの

今日は3回目のコーチング講座。コーチングに必要な様々なスキルについて学びました。ラポール、ペーシング、ミラーリング、YOUメッセージ、アソデソ、などなど、専門用語が並びますが、どれもコミュニケーションには当たり前な考え方。だけど、意識しないとなかなかできないことばかり。相手の話を「聴くことを一つとっても、私たちは普段ルール違反をたくさん犯しています。例えば人に話しかけられてもPCや携帯を見ながら返事をしてしまったり、あるいは時計をチラチラ見ながら話をしたり。これって結構無意識にやってしまうことが多いのだとか。自分にも思い当たる節があり、ちょっと耳が痛かった。そして、人との関係の中で、「決してやってはいけないこと」という話がありました。
それは、相手の価値観(=大切な思い)を否定すること。価値観というのは人によって様々で、自分にとってはどうでもいいことでも、相手にとって大切なことならば、それを尊重するということです。そういえば、タロット大学の講座でも大沼先生が同じようなことを言っていました。

「人間関係のトラブルは、自尊心をめぐって起こるのです。人は誰でも自尊心を持っています。自尊心とは、“自分が生きるに値する人間であることを確認したい心”のことです。つまり、本人の幸福感の本質の部分です。それが傷つけられるということは、自分が生きるに値しないと言われているようなものなのです。」

自尊心=幸福感の本質・・・う~ん、わかりますね。

ところで、臨床心理学用語に『ラポール(信頼関係)』というのがあるのですが、コーチングでもこのラポールを大切にします。コーチングを1本の木に例えると、その根っこにあるものがラポール。様々なコーチングスキルは、このラポールがとれていて初めて生きてきます。そしてそのまた根っこにあるのが『愛』。でましたね~。この言葉を見て、クラスで黒一点のキャリアカウンセラーのおじさんが、「それってマザーテレサの世界じゃないですか!」と、のけぞりながら恐れ多そうに呟いていましたが、やっぱりこれがないと根付かないんですね、何事も。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。