スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創造的に生きるには

「創造的に生きるには?」  今月に入ってからの私の課題で、ずっと頭の中でこの問いがグルグルしています。というのも、先日このブログでも紹介した、フラワーエッセンスの「メタレベル5」に移ったから。とりあえず、思いつくものを“マインド・マップ”
mind map 
本を見ながら見よう見まねでやってみたら、楽しいではないか
そして、なんとなく見えてきた私なりの答え。

1.遊び心を持つ
2.脳(思考)を自由にする
3.常に問いを持つ
4.五感を磨く
5.好奇心を持ち続ける
6.心の声に耳を傾ける


そして、創造性を高める上で役に立つ本を図書館から借りてきました。
ダ・ヴィンチ 脳

A. 『ダ・ヴィンチ7つの法則』 - マイケル・J・ゲルブ
B. 『脳が冴える15の習慣』 - 築山節

A. は、レオナルド・ダ・ヴィンチの精神を生活の中に取り入れるための実践的アプローチをまとめた本。創造性を解き放ち、可能性を開花させるためのダ・ヴィンチ的発想、思考、感性を学べます。「マインド・マップ」はこの本の中で紹介されていました。

B. は、ベストセラー本なので、知っている方も多いかもしれません。脳を生まれ変わらせるための良い習慣をまとめたもの。何故この本が創造性に関係が?と思われたかもしれませんが、創造的に生きるためには、この「脳」の使い方が大きく関わっていると思うのです。この本の中でも、「ひらめき、想像力、クリエイティブな才能などと呼ばれるものは、脳の総合力」と書かれています。

特に『脳が冴える15の習慣』は、題名から年配向け?と思いきや、集中力、思考力、問題解決能力、注意力、記憶力、話す力、表現力、創造力を高めるための具体的な方法が書いてあり、かなり役に立ちました。

脳というのは、実に偏りやすく、固まりやすく、だまされやすく、ワンパターン化しやすい生き物です。脳を健康に、柔軟に保つことは、創造的に生きるために欠かせないのです。自分の思考パターンに気づき、新しいアイデアや考え方を取り入れるよう意識しなければなりません。

そして、もう1つ、創造的になるために特に大事かなと思ったのが、「子供のような遊び心」を持つこと。思い返すと、子供の頃は、いろんなものに“気がつき”ました。道端に咲くタンポポや、ぞろぞろと歩くアリたちや、色々ある葉っぱの形・・・。

大人になると、恋愛やら仕事やらで頭の中が忙しすぎたり、携帯の画面をずっと眺めてばかりで、周りの風景に目をやる余裕さえなくなってしまいます。カラダは大きくなったけど、ココロは子供の頃よりずっとちっちゃい・・・。

「メタレベル5」に取り組みはじめてから、このテーマを意識しているうちに、通勤途中に咲いている花や木々に気がつくようになりました。そしてびっくり!結構、色とりどりの花が至る所に咲いているのです 

創造的に生きるとは、私たち自身の内側に秘めている可能性と、人生の美しさに気づくことなのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。