スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリルアの風

今日は一日、窓から入ってくる風が気持ちの良い日でした。ゆったり、のんびりと過ごせる時間 そしてふと、ニュージーランドにいた頃の事を思い出しました。私が住んでいたポリルア市というところは、首都のウェリントンから車で20分くらい北に走ったところにあります。

今日私が感じた風は、ポリルアの家で、よく昼間に窓を開けてベッドの上で昼寝をしていたときに感じた心地よさに似ていたのです。私は普段、あまり過去を振り返らない人間ですが、五感というものは、ときどき過去を連れてくるものですね(笑)

ポリルア市は愛知県の西尾市と姉妹都市提携をしているので、毎年西尾市から中学生、高校生、市民、市議会議員などの視察団を受け入れていました。そのときに縁あって交流のお手伝いをしていたころの写真です↓
200806122256000.jpg 200806122305000.jpg 200806122304001.jpg

たくさんの人達の涙を見ました。たった1週間ぐらいの滞在で、帰る頃にはそこに温かい友情ができていました。異文化の習慣に驚き、ときには戸惑いながらも、やはり最後に胸に残るのは、ニュージーランドに住む人々の心の温かさだったのでしょう。

同じようにニュージーランドの人々も、遥々海を越えてやってきた異国の人を迎えるたびに、日本という国への興味をどんどん膨らませているようでした。

ある時、NZの中学生がどうしても日本に留学したいというので、そのお膳立てをしたことがありました。そして無事留学先が決まったとき、彼らは私の家にやってきて、眼をキラキラさせて、こう言ったのです。

「ミセス○○。大好きな日本に行けるなんて、本当に嬉しいんだ。僕たちのために、色々してくれてありがとう。これ、僕たちからのお礼だよ。」

そう言って、隠していた1本の白ワインを差し出しました。

あれから10年。彼らもいい大人に成長しているんだろうなぁ。

以前、占星術師のジョン・ヘイズさんは、その3年間は私にとって“種まきの時期(seeding phase)”だと言っていたけど、いまだ、どんな種なのかわかっていない  だけど、ニュージーランドで過ごした3年は、確かに、私にとっては大きなギフトでした。そして、そんなギフトを受け取るきっかけを作ってくれたex-husbandに感謝だなぁ、やっぱり。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

五感を刺激されます。

いつも感じていることですが、ひさみさんの文章って、五感にとても心地よく響きます・・・。

今回は穏やかで、とても良い風を感じさせてもらいました。

私は時々、雨に濡れた地面の匂いやすれ違った人がつけているコロンの香りなどで、懐かしさを感じることがあります。
あと、思い出の曲・・・なんてのもありますね。

私も滅多に過去を振り返らないタチですが、時々ふっとその時に戻ってみるのも、悪くないですね♪♪♪

ヒナさん

ありがとうございますi-179
私のつたない文章で五感を刺激されるヒナさんこそ、実はとても豊かな感性をお持ちのような気がします。

つらく悲しい想い出も、懐かしさに変わり始める頃、やっと人は過去を振り返ることができるんでしょうかねぇ。(しみじみ)
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。