スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごい実行力

先週も、ランチタイムに本を購入。
タイトルに目がいって、手に取ってからレジに持っていくまで3分とかからなかった。
そのタイトルは、 “すごい「実行力」” 著: 石田淳

「すごい実行力」は、結果だけでなく行動そのものに焦点を当てる『行動科学マネジメント』を利用して、自分を自発的に行動したくなるように促していくというもの。

「やらなければならない」、と分かっていても、ついつい先送りにしてしまう。「明日から真面目にやろう!」と決意しても、次の日になると最初の一歩が踏み出せない。そんなことありませんか? 私は、「あるあるある!」状態です

それが、この本を読むことで、ちょっとした工夫で「実行力」を身につけることができる。しかも、たったの3日で! 3日で結果が出るのです。
行動科学マネジメントでは、実行できない理由を次の2つに定義しています。

1)やり方がわからない
2)やり方は知っているが、続け方がわからない

実行できないのは、能力や性格のせいではなくて、やり方・続け方がわからないから。特にこの本は、2番の続け方を重点的に扱っています。

では、『実行力』をつけるには?

1)行動の動機づけ条件をつくる
2)行動を測定する
3)行動を妨げるものを排除する


この3つがそろったとき、人は自然に行動に向かうそうだ。まず、この行動環境を整えるのがコツ

なんか小難しそう? いいえ、それが結構簡単なのです。
人は、「ニード(必要性)」と「メリット(利点)」があれば自然と行動してしまう、という習性を利用するのです。 行動したくなる理由を最初につくる、という単純なもの。

わかりやすい例で言うと、普段は全然仕事にやる気が出ないAさん。ところが、今日は大好きな彼とデートの日。そうすると、いつもと違ってテキパキと仕事をこなし、定時までに今日やるべきことを片付けるという効率の良さ。これは、1)の行動の動機づけ(彼とデート)があるから。

つまり、この状態を意図的に作り出すということ。あとは、習慣化するために行動するたびにポイントカードに書き込んだり、シールを貼ったりというご褒美を用意したり、行動を数値化してグラフにすることでやる気をキープしたり、と自然に行動するための環境を用意していけばよいそうなのだ。ハードルは低く、ルールは単純に。これが長続きする秘訣だそうです。

これなら私にもできそうだ。

というわけで、最近始めたメディテーションを習慣化するために、10分やったら手帳にシールを貼っていくことにした。 なんだか楽しい

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。