スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命とは?

『運命とは?』・・・なぜ突然こんなお題かというと、つい先ほどタロットのオンラインレッスンで先生と運命論について話していたからである。

マルセイユタロットを本格的に学びたいと、1ヶ月ほど前からお世話になっている。ウエイト版と違って、マルセイユ版を教えてくれる(or 教えることができる)人はほんとに少ない。ウエイト版系の本はたくさん出てるけど、マルセイユ版ともなるとほとんど皆無に近い。そんな中、出会った方であるが、タロットだけでなく、仏語、哲学、ギリシャ神話、数秘、占星術と、幅広い知識がベースにあるので、1時間のレッスンも、途切れることなく話をしてくれる。

さて、「運命」とは何か
それは川の流れのようなもの、とおっしゃていた。その人の人生を川に例えると、運命は、その幅の可能性の範囲の中で動いていく。その幅を超えることはできないが、その幅の範囲内であれば、たくさんの可能性があり、どう進むかはその人次第なのだと。そして、運命は『因果の法則』に従っている。「過去」からの影響を受けて、「今」が存在し、「今」が原因となり、「未来」が創られていく。

その川の流れを見ることができるのがタロット。「あなたは向こうから流れてきて今ここにいる。このまま行けば、こう流れていくよ。」というのがわかる。

だけど、それを聞いた本人が「このままそっちへ流れていくわ♪」と言うのか、「いいえ、私はこうやって流れていきたいのよ。」と進路を変えるのかはその人次第。宇宙は、その川の幅の範囲内であれば、自由にその人を泳がせる。泳ぎ方はいくらでもあるのだ。その川の幅も、実は人が想像する以上に広いんじゃないかと思う。

そして話は宇宙観にまで及ぶ。「宇宙は一定の法則や秩序を持って存在している」。その秩序を守るために、宇宙は人間に語りかけようとするが、なかなか私たちには通じない。タロットは、その宇宙からの声を直接聞くことができる。そして、リーダーの役目は、今、宇宙が何を伝えようとしているのかを、ニュートラルに読み取ること。そこに、自分の価値観を挟み込む必要はない。

しかし、これがなかなか難しいんですよね。

というか、なぜ私はここまでタロットに惹かれるのか・・・と考えていたら思い出したことがありました。小学生の頃、私は何かとカード遊びが好きだった。トランプはもちろん、花札やかるたまで。花札に描かれた、花や鳥や月を眺めながら、ゲームに興じるのが楽しくて、他の子供達が飽きても、「もっとやろうよ~」といつまでもやりたがっていた。もともとカード好きなんですね(笑)

レッスンの最後に、ソポクレスの『オイディプス王』という本を紹介されました。ギリシャ戯曲の1つで、「運命」の一面について描いているのだとか。いろんな知恵に触れることができるのも、タロットを学ぶことの醍醐味です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。