スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフォート・ゾーン

200901112059000.jpgときどき、『今週のテーマとアドバイス』というお題で週に一度、タロットを引いています。早速、今週の分を引いてみました。

中央のカードが、『ソードの9』。これがテーマとかフォーカスするべきこと。その下のカード『8.正義』がその理由。そして上の2枚がアドバイス。ソードが2枚と正義のカード・・・。何やら'厳しさ'が伝わってきます。

『ソードの9』は、複雑な状況や面倒な状況を表します。だけど正位置なので、そんな状況でも「諦めずに前へ進む」ようにカードは言っています。「複雑な状況を敢えて選びなさい」、というのです。その理由とか背景にあたる『正義』のカード。これは、その物事に対して真剣に向き合う必要があることを示しています。目をそらすべきではないと。

そして、アドバイスの位置にある『ソードの10』『カップの4』。対照的な2枚です。『ソードの10』は、「複雑な問題を解決した先に成長がある」ことを、『カップの4』は、「現状に甘んじる」ことを表します。まるで、「あなたは、ソードの10を選びたいのか、それとも、カップの4のままでいたいのか?」と問われているようです。真っ直ぐにこちらを見つめる『正義』の女性が、私の決断を待っています。
この展開を見たときに、以前読んだ本に書いてあった“コンフォート・ゾーン”という言葉が浮かびました。

“コンフォート・ゾーン”とは、「自分がラクでいられる範囲」のこと。居心地がいいので、人はこのコンフォートゾーンに無意識のうちに留まろうとするのだそうです。この無意識の行動を「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」といって、人が変化することを嫌うのは、このホメオスタシスが働くから。そして、夢がなかなか叶わないのも実はホメオスタシスの仕業。だから、自分を変えるためには、意識してこのコンフォート・ゾーンを上にずらしていくしかないのだそうです。

『カップの4』は、まさに私の今のコンフォート・ゾーン。生ぬるい場所。そこがラクだから、面倒なことなんかしたくない。でも、その場所にい続ける限り、成長はないようです。

だからこそ、タロットは、敢えて、ちょっと厳しさを感じさせる『ソードの9』を指し示してきました。「9」という数字には、「努力や気力やリスク」という意味が含まれています。世の中で成功している人は、必ずといっていいほど、ある程度のリスクを好んで選ぶと言います。彼らは、失敗することを恐れていては前進はないことを知っているからなのでしょう。

困難を選んだあとに(ソード9)、一歩上へ抜けるのか(ソード10)、やっぱり今のままでいいと後戻りするのか(カップ4)、選択権は、私にあるようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。