スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無条件の愛

久々に近所の市営図書館に行ったら「4月から借りれる本の数が5冊から10冊になります」と入り口に書いてあった。「4月って来年の4月のことですか?」とカウンターにいた女性に聞いてみたら、「今年の4月です」だって。紛らわしい。だったら、「借りれる本の数が5冊から10冊になりました。」に変えとけばいいのに。こういうとこ、お役所っぽいなぁ、と思ったけど、その女性の純粋無垢な笑顔が良かったので、帳消しになった。人の気持ちなんてそんなもんである。

そんなわけで、横森理香さんの「横森式幸せになるコツ」を借りてきた。横森さんはスピ的視点も持ちながら、地に足ついたシンプル生活をしている人ということもあり、彼女の本はよく読んでいる。その本のなかで、“無条件の愛を惜しまない”というコラムがあった。ちょっと、そこから抜粋。


“何事も期待しちゃダメなんですね。人間、ついつい期待しがちなものだけど、期待すればするほど裏切られる。これは宇宙の摂理なの。・・・・・私は常々「愛とはなんぞや」ということについて考えてきたけど、子供が生まれてしみじみわかった。「愛」とは「相手を生かすこと」なんだと。・・・・それで、気づいたんだけど、母性っていうのは個人的なものじゃなく、普遍的なものだったんだなってことなの。だからどんな女でも、無条件に誰かを愛する才能を持っているというか、それは本能なのね。本能を満たすのは嬉しいことなので、こんなにありがたいことはないのである。”

う~ん、この境地に達するまでには私はまだまだですね。

「無条件の愛」で思い出した歌がある。平原綾香が英語で歌う『ノクターン』(日本語で歌ったほうが『カンパニュラの恋』というらしい。ドラマ「風のガーデン」の挿入歌)。これはもともとショパンの曲なのだけど、その英語の歌詞は、まさに無条件(無償)の愛を歌ったもの。初めて聞いたときはホロリと涙した。彼女は英語の発音もパーフェクトだから、こういう曲を歌わせると純粋に感動する。



"True love is to ask nothing in return."

これがホントにできるようになったら、もう生まれ変わることはないだろうな

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。