スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の表現

連休中は、とにかくリラックスモード。朝は10時ごろ起きて、録画しておいたビデオ観たり、昼寝したり。昨日は面白いテレビがやってなかったので、19時頃から近所の本屋へ。パラパラと立ち読みしてたら気がつくと21時になっていてビックリ。結局3冊ぐらい文庫本を買って帰宅。紅茶とシュークリーム片手に読書タイム。

今朝も10時に起床。今日はブログ書こう、と思い、テーマをタロットに聞いてみる。ブログのテーマを決めるときは、このブログに立ち寄る人にもメッセージとなるように、と想いながらシャッフルする。

kanyo.jpg出たカードは『ソードナイト逆』と『カップクイーン』。

ふたりの人物カード。象徴的です。『ソードナイト』は、ナイトの中のナイト、と言われる。人の役に立つことにとっても忠実。助けたい、役に立ちたい、と思って行動する。しかも損得抜きで。困っている人を見たら助けずにはいられないのだ。

でも、そのナイトがコケている。自分の手助けが空回り。あるいは相手が求めていないのに助けてあげようとしてしまう。

人を助けてあげよう、と想う気持ちはとっても大切。相手が必要としているなら、手を差し伸べてあげよう。でも、どうあがいても今は自分が役に立てていない感じだわ、というときは、無理して何かしてあげようとするのではなく、ちょっと時間を置いてみる。

そのときは「ソードナイト」ではなくて、「カップクイーン」で。「カップクイーン」は受身である。でもそこには愛がいっぱい。柔軟、寛容、広い心。相手が必要とするなら受け入れる。優しい母の象徴。

「ソードナイト」にも愛があるけど、ちょっと重たい感じかな。責任感や正義感、真面目さ、真っ直ぐさ、といったところからくる「情」である。「ねえねえ、困ってない?私にできることない?」という前のめりな性質に対して、「カップクイーン」はもっと大らか。柔らかさがある。一歩引きながら、「困ったときはいつでもいらっしゃい。私はいつでもここにいますよ。」という懐の深さがある。

ソードもカップもどちらも大事な性質。相手の状態によって、「ソードナイト」にも「カップクイーン」にもなれるといい。愛の表現の仕方が違うのだ。

「夫のため、子供のため、○○のため」って言葉を使いがちなときは、自分が「ソードナイト逆」になっていないか気にしてみよう。

人間関係においては、「相手のために自分が何ができるか(DO)」、ということだけでなく、「相手と向き合ったときに自分がどうありたいか(BE)」ということも大切なんである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。