スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「運命」と「自由意志」

本屋さんのスピリチュアルセクションに、なぜか井形慶子さんの本が。

彼女はもともと、『イギリス式お金をかけず楽しく生きる!』『古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家』など、自らの渡英経験を生かした本を色々書いてる人で、あの外国人向け情報誌「HIRAGANA TIMES」の編集長もしてた方です。

それが何故スピリチュアル?
そう思ってその本を手に取ると、「夜にそびえる不安の塔」という題名で、帯には“私は運命に勝てるのか?”の文字が。

なんか面白そうだな、と思って早速購入しました。

内容はというと、あるパーティーで有名な占い師から『あなた、近々大きな事故に遭うから気をつけたほうがいいですよ』と言われた編集者「サワダさん」が、不安のあまり、井形さんに占いの実態解明を依頼し、そのまま失踪してしまうところから始まります。

依頼を受けた井形さんは、戸惑いながらも「サワダさん」から用意された「小林けい子」という偽名を使い、3人の霊能師や占い師と関わりながら、霊感と未来を読む力の解明にのりだすというもので、5年にわたる潜入取材の間に、彼女に次々に起こる不思議な出来事をまとめたノンフィクションです。

家に帰って読み始めたが最後、久々に一揆読みをしてしまいました。

途中、仕事とはいえ、自分の会社の人間関係について何でもかんでも占い師に相談する著者に、ちょっとしたゲンナリ感を覚えたものの、中盤の井形さんの「顔がぐにゃぐにゃ」事件のあたりから、見つかった「サワダさん」の日記に書かれた真相(彼が井形さんにこの企画を依頼した本当の理由)について書かれたところまで読み進むうちに、なんだか自分が住んでいる現実の世界が、実は幻であるような、妙な錯覚を覚えてしまいました。

ノンフィクションなのに、読み進めるうちに実はこれはフィクションではないのか、と疑いたくなるほど、「現実」と「神秘」の両方の世界が入り混じっていて、頭がぐるぐるしてくるのです。
読み終わったあとは、しばらく考えてしまいました。

きっと私の心の中にもあるであろう「不安の塔」。
『運命』という得体の知れないものと、人が持つ『自由意志』。

「運命ってどこまで決まっているの~?」「人間の自由意志で、どこまで運命を変えられるの~?」と常々思っている人には一読の価値があるかもしれません。

井形慶子さんはミスター・パートナーという会社を経営していて、ホームページでもこの本についての番外編が読めますよ。



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラシニコフ(2)

前作も読みましたが、色々考えさせてもらえる作品です。人間ってなんと愚かな動物なのだろう。・・[テレビ] ザ・ノンフィクション 「突然校長が辞めた…嵐の学校改革」・名も知らぬ遠き島より ~日高恒太朗・ミュンヘンつらつら・『スパイス戦争-大航海時代の冒険者たち』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あら!

クリスマスが終わってる~~~ 笑

その本おもしろそうですね。最近、一気読みの本する本には出会っていないだけに、興味深々です。ワタシもちょうど今読みかけた本を紹介しようと思ってました。いろんなワタシのなかの『なんで?』を解いてくれている本です。

にしても年の瀬っすね。

もっちー、おはよう!
季節外れですが・・・笑
昨日試行錯誤しながら、ちょこちょこイジッてました 笑 
ランキングリンクも貼ってみました~。何度も失敗して結局3時間ぐらいかかったけど(汗)
本読みたければ貸しますよー。すぴライブラリー★

私一番乗り(?)で、今部長より本お借りしました!!金曜に話を聞いてから興味ありありで、楽しみです。

ワタシも本読んで見たいです。
ノンフィクションなんですよね?!
それなのにフィクションと思えるような宇宙的な体験にむちゃくちゃ興味あります☆

みえちゃんへ
是非読んでみてくださーい。
ノンフィクションですが、小説っぽく読めますよ。
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。