スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンド名刺

200902060012000.jpg 先日紹介したプロフィール名刺、今週社員同士での交換が始まり、すでに色々な人と交換しました。左の写真は、集まった名刺の一部です。

自分のイラストをアップしている人、家で飼っているペットの写真や、最近生まれた子供の写真、旅行先で撮ったお気に入りの写真を載せている人、50枚全部違うナゾナゾを書いている人、などさまざま。プロフィール内容も一人ひとり個性があって面白い。「え?! そんな資格をお持ちですか?」とか、「○○さん、蕎麦が打てるんですか?」と、その人の意外な部分を知ることができるのも楽しい。

200902060014000.jpgあまり話をしたことがない人とも、目が合うとなんとなく「セカンド名刺、交換します?」という話になり、会話が弾みます。開始前は、「50枚も配らなきゃいけないんですか~」と、いろんな人に言われましたが、リリースしたあとは、「意外とすぐなくなっちゃいます。どうしよう、あと数枚しか残ってな~い。」という声を聞き、ホッと胸を撫で下ろしました。

続きを読む

友人との再会

200901311402000.jpg今日は、高校時代の友人たちと2年ぶりぐらいに再会し、犬山にある『なり多』に行ってきました。文化財奥村邸内にあるフレンチ創作料理のお店です。土蔵造りの建物は1842年に建てられたそうで、古の趣がとても素敵な雰囲気でした。案内されたテーブルは、日本庭園を眺めることができ、みんなで写メ。こういう所で携帯で写真を撮るのは気がひけるけど、やっぱり撮っちゃうところが現代人の性・・・。

200901311148000.jpgお料理も、「美味しい!」。最初に出てきたオードブル(写真)から、色んな味を楽しめます。ワインを飲みながら、ちょっと優雅な気分になりました。

久々に会った友人たちは変わらず、とにかく元気。友人Mは、看護婦をしていて、夜勤上がり。「もう24時間起きてるよ」とケロッとしていました。友人Tは、薬剤師をしていて、先日も学会の雑誌に投稿する論文のabstractの英訳を頼まれて、がんばってるな~と嬉しくなりました。かたや、すでに3人の子持ちのAちゃんは、昔からセンスが良く、今は世界のパン作りに凝っていて、みんなの中で一番女性らしい。そしてもう一人、昔から読書好きで、危ないワールドが大好きな友人S。今も変わらずで、「精神年齢は25歳のままだね。」とうれしそうにしていました。

それぞれに家庭や生活があって、こうやって会うのは、1~2年置きなのだけど、人生そろそろ折り返し地点に突入した私たち。きっと、これから何年経っても、キモチは25歳のままのような気がします(笑)

小さな希望

200901292332000.jpgFRISKサイズのプロフィール名刺を作りました。

といっても、プライベート用ではなくて、会社の「コミュニケーション活性化プロジェクト」の一貫で、全社員が作成することになった、社員間の交換用ミニ名刺。去年からこのプロジェクトのメンバーをやっていて、「セカンド名刺を作りませんか?」と提案してみたらアクションの1つとして実施することになりました。

それで、ネットでいろいろ探してて、見つけたのがこれ。裏面は、好きな写真やイラストを、表面は、自由に言葉を印刷できます。『pocketer(ポケッター)』というだけあって、ポケットにすんなり入るサイズです。50枚で1980円とお手頃で、アイデア次第で使い方いろいろです。

この小さいスペースの中で、自分を表現する楽しみやワクワクも感じてくれるといいな、というのもあって。

会社の社員も知らない間に増えていて、あの人誰かしら~、ってこともしょっちゅう。そんなとき、ちょっと勇気を出して、プロフィール名刺を差し出してみる。気づいたら、たくさんの人のセカンド名刺が集まって、なんだか楽しい。そんな光景が見れるといいなぁ、なんて思っています。

花と空と

200812290947000.jpg 三重県『なばなの里』にある「里の湯」の券をいただいたので、早起きして行ってきました。

到着したのは9:30頃。人もいなく、ガランとしていて、お風呂は10時からというので、それまで園内の「ベコニアガーデン」へ。温室の中にこれでもかっ!というほどベゴニアが。しかも結構デカイ。

200812290954001.jpgこれだけ勢ぞろいすると圧巻で、中を歩いていると、生身の人間に見つめられているような不思議な存在感を感じます。

そして右の写真は、「女王様の耳飾り」と呼ばれるフクシアの花。なんだか宇宙人が両手を上げているように見える。濃いピンクと紫のマッチングが素敵。

続きを読む

メンタル筋力

200812201820000.jpg 200812201825000.jpg

今日街角で撮ったツリーとサンタ

そして、今はテレビで『さんま&SMAP美女と野獣スペシャル』を見ています。やっぱり目が行ってしまうのは木村拓也。たまたま今読んでいる『起きていることはすべて正しい』という今ブームの勝間和代さんの本の中で、「オーラがある人」はメンタル筋力(心の筋力の強さ)が強い人、という記述があって、なるほどなと思った。いわゆるメンタル的器がデカイ人は、何かしら人を惹きつけるもの。

ちなみに、メンタル筋力が強い人の5つの特徴を勝間さんが挙げている。

1.行動力がある
2.性格がよく、応援したくなる
3.ディープスマート力がある
4.新しいことに興味が強い
5.すべてを客観視する習慣がある。


『メンタル筋力』。2009年の目標の1つに掲げたい。

2009年の手帳

techo.jpg2009年用の手帳を買いました。今回は『陰山手帳』なるもの。

A5サイズとちょっと大きめだけど、去年から手帳にいろいろ記入する癖がついていて、来年はスペース広めにチャレンジ。パッと見、オヤジっぽいけど、それはオジサン写真の帯のせい・・・。帯をはずせば結構シンプルでカバーの茶が上品。

あとはやっぱり中身。結構良くできている。

年間カレンダーページ / 月間カレンダーページ / 縦型の時間割週間予定ページ / TO DOリストチェックボックス / 朝、昼、晩のチェック欄 / プロジェクト管理ページ / マス目付きメモ欄

続きを読む

はづ木(食事編)

menu.jpg前回、『はづ木』(お宿編)に続き、今回は【お食事編】です。食事はお部屋ではなくて、お食事処でいただきます。上海薬膳懐石とあって、夜は中国っぽい音楽のBGMが流れていました。

一品ずつ料理が運ばれて、それぞれ効能を説明してもらいながらいただきます。メニューはパッと見、漢字ばかりですが、左隣に日本語の説明と、下にその食材の効能が書かれています。全部で13品。本場のシェフが腕をふるっているだけあって、どれも美味。あっさりしていて、深く優しい味わいです。

ryori1.jpg 1. 人を若くきれいにする老酒
2. 新鮮な中性の前菜
3. 鳥のムネ肉のスープ
4. 紅花入りエビの炒めもの
5. 魚の蒸しもの
6. ダチョウ肉のしょうゆ煮込み
7. スープ入り特製肉まん
8. 卵白と貝柱の炒めもの

続きを読む

はづ木(お宿編)

door.jpg昨日は親孝行も兼ねて、一泊で母と愛知県にある湯谷温泉に行ってきました。

泊まったのは『はづ木』という昭和初期の数奇屋造りの宿。客室はわずか5室のみというこじんまりした所で、どの部屋からも美しい庭園や渓流を眺めることができます。

4年前に買った雑誌『CREA TRAVELLER』で、和のリゾート特集をやっていたときに、唯一愛知県で掲載されていた宿。30種の漢方が入っている上海薬膳料理がいただけるという、一風変わった宿なのです。 

200811101551000.jpg 私はどうも昔から温泉街というのが苦手で(なんでかちょっとブルーになる・・・)、どちらかというと、「和」より「洋」を好むタイプなので、どうせ行くなら、純「和」じゃなくて、ちょっと違う楽しみ方ができるところにしようと、ここを選びました。『CREA TRAVELLER』に載っている宿は、「和」と言っても、どこかアンティークな建物だったり、ちょっと洋が入っていたり、お洒落なラウンジがあったりと、写真の美しさに惹かれてつい買ってしまったのです。

電車に揺られて3時間。湯谷温泉駅に着くと、突然宿の方がお出迎えに来ていてびっくり。確かにネットで3時ごろチェックインと書いたけど、まさか駅まで迎えに来てくれているとは思いませんでした。

続きを読む

想いが交差するとき

最近は、テレビドラマの『相棒』にはまっています。最初は、「水谷豊かぁ~、古臭い刑事ものかなぁ」、ぐらいに思っていたのですが、週末に再放送でやっているので時々観ているうちに、呆気なくファンになりました。

先週から始まった新シリーズは、近頃のヒットもあって力が入っていることもあるのでしょうが、まるで映画を観ているようで、今日の回は、BGMの効果もあって、最後は思わず泣いてしまいました。

話の内容は、人のために良かれと思ってしたことが、結局人を傷つけてしまうという、なんとも哀しいやり切れないものでした。

毎日生活していると、人の数だけそれぞれの「想い」が交差しているものだな、と思います。「想い」は色んな方向からやってきて、色んな方向へ飛んでいくので、知らず知らずの内に、とんでもない絡み方をしているときがあります。それが人を傷つけたり、別れの原因になったり。後で気づけばまだいいですが、気づかないままのこともまた多し。絡まったままで、人生がどんどん複雑になっていくような気さえします。

「想い」はときに、人を盲目にするのでしょうか。ドラマを見て、久しぶりに考えてしまいました。

価値ある時間

今日の午後は知人とお茶をしに出かけました。滋賀からやってくるその人との待ち合わせの時間は14時半。ところが待ち合わせの時間に「今、京都にいます。」の電話が。なんと、乗る電車を間違えたらしい。15時には名古屋に着くというので、空いた30分を使って近くの本屋へ。何か良いお茶所はないかとタウン誌で見つけた場所がここ↓ 『KAKO三蔵店』

200810251818000.jpg初めて行ったのですが、20年続く老舗のコーヒーショップらしく、店内はアンティーク調で静かにジャズ音楽が流れ、なんだか懐かしい感じの空間だった。私はコーヒーや紅茶が大好きで、それを飲む場所もこだわりたいタイプだったりする。それで今日みたいな落ち着く場所を見つけたりすると、ほんとにホッとする。結局話し込んで3時間くらいいたのですが、追い出される雰囲気もなく、店員は馴染みのお客らしい人と会話を楽しんでいる。一人で来るお客さんが多く、新聞片手にコーヒーを飲んでいるその姿から、常連客らしいことがわかる。淹れたてのコーヒーを飲みながら休日の自分の時間を過ごす、そんなゆったりとした空間が心地よい。店の中の小物も、無造作にカウンターに置いてあるのだけど、ちょっと暗めのライティングに照らされながらも主張するわけでなく、ちゃんとそこになじんでいる。

続きを読む

計らい?

昨日外出前にコンタクトを装着しようとしたら、ポロッと落ちた。「あ、いけない。」そう思って床に目をやるが、レンズは見当たらない。おかしい。飛んだ気配もないのに、どこを探してもないのだ。念のため部屋の隅々を床を這うように探してみたが、薄緑に光る物体はどこにもない。もしかしたら、服にくっついているかもと、全裸になって、服を裏返してみるが、やはりない。

コンタクトレンズを使い始めて20年。今まで一度たりともレンズを紛失したことがなく、たとえ落としても必ず見つけていたので、今回もすぐ見つかるだろうと高をくくっていた。30分ほど探しても見つからないので、ペンジュラムに聞いてみた。

続きを読む

ロザリオ

200808231021000.jpg 200808231022000.jpg

イタリアへ行った知人からロザリオのお土産をいただいた。
クリスチャンではないけれど、目にして手に取ってみると、なんだかアリガタイ。

白いほうには、マリア様らしき人が。首にかけてみると、このマリア像がちょうど胸のあたりにきます。かけていると、首の周りがザワザワするような感じがするのは気のせいでしょうか (ちなみに、ロザリオは首にかけるものではないそうです。)

昨日帰宅すると、うちの母が足をひきずっていたので、どうしたのかと聞くと、「突然足の甲が捻挫したみたいに痛い。明日病院まで送ってって。」と言う。あまりに痛そうだったので、マリア様にお願いしてみることにした。
「明日起きたら母の足の痛みが良くなっていますように

翌日目が覚めると、母が普通に歩いているではないか

「朝起きたら、痛みが大分良くなってるから、今日は病院いかなくていいかも。」

う~ん、偶然でしょうか。

今日はこれからイシス学院(旧タロット大学)の名古屋講師の方主催で、タロットリーディング会があるので行ってきます。

ベイビーマリリン

とある日に新聞広告で目にした赤ちゃん
200808092315000 (2)
もう少しはっきり見たい方はこちらのサイト↓
Combimini

目にした瞬間、あんまり可愛くて、そのパーフェクトなスマイリーフェイスに釘付けになり、気がづくとビリビリとそのページを破りとっていた。そして翌日会社にそれを持っていき、みんなに「見てみて、すっごく可愛いでしょ~」と同意を求めるが、みんなポカンとしている。「いや、まあ可愛いですけど、わざわざ切り取ってくるほどでも・・・」。

期待していた反応が返ってこないのに一抹の寂しさを覚えた私は、PCの腹面にベイビーの切抜きを貼り付ける。それを見ていた一スタッフが私に気を使ったのか、「名前はなんていうんですか?」と聞いてきたので、すかさず「マリリンちゃん」、と答えていた。

「え、男の子じゃないんですか?」

え? あ。よく見ると男の子っぽい。 しかし、引くに引けない私はベイビーを女の子で通すことにした。

以来、仕事の合間にマリリンの笑顔を見て癒されている。気のせいか、私の中の母性のようなものが刺激されるようで、自然と笑みがこぼれてしまう。それを横目で見ている隣の席の縦縞シャツの男が、「誰かお医者さん呼んできてくださ~い」と呆れているが、私はどこ吹く風である。子供を持つ母親の強さって、きっとこんな感じなのかしら。

溶かす

W7S[1].jpg

最近1週間が終わると、頭の中がパンパンになっている自分がいます。頭の中は、もちろん「マインド」です。仕事をしていると、自分の思い通りにならないことのなんて多いことか・・・。特に組織という1つの器の中で毎日を過ごしていると、自分の考えと違う方向に物事が動き始めるたびに「不快感」がやってきて、なんとかその「不快感」をぬぐおうとエネルギーを使い始めることになります。

続きを読む

Right or Wrong

私にとっての「真実」や私にとっての「正しい事」
が、他の人にとっても常に同じなのかと考えてみましたが、
答えはやはり「NO」なのでしょう。

たとえば、会社のあり方とか仕事のやり方に対して
私は “こうあるべきだ” と言います。
そうすると、他の人は、 “いいえ、そうではなくて、
こうあるべきです” と言います。

それはどちらが正しいのでしょうか?

続きを読む

スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。