スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊かであるために

先週は、とても長く感じた1週間。肉体的にも疲れが溜まっていたのか、瞳も充血し、いつもにも増して肩こり。今日はたっぷり昼寝して、やっとエネルギーを取り戻してきた感じ。 そこで、しばらく触っていなかったタロットを取り出す。師匠曰く、「3日タロットに触れなかったら腕が落ちる」、というわけで、毎日些細なことでもいいから占ってみることが大事。

いつも、仕事運とか恋愛運とかを占っているけど、今日はちょっと違うことを聞いてみようと思い、思いついた質問。『心豊かであるためには、どうしたらよいか?』  タロットは、未来を占うことだけに使うのではなく、ひとつの事柄や疑問について内省したいときにも使える便利なツール。

yutaka.jpg出たカードは、「コイン6」と「コイン5」。豊かさについて聞いて、物質を表す「コイン」が出るのも面白い。まず、質問に対しての直接的な答えが「コイン6」。まさに、「分かち合い」や「共有」を意味するカード。「あなたの周りの人々に、あなたが持っているものを分け与えることが、心の豊かさにつながる」とカードは言う。

続きを読む

あと2ヶ月

200910272307000.jpgランチタイムに寄ったコンビニに置いてあったAssocieの表紙タイトル『手帳活用術』に目が行き思わず購入。例の「赤い手帳」を買ってから、手帳の使い方なんかを特集している雑誌はついつい買ってしまうのだ。

もう、2009年も残すところあと2ヶ月。書店やハンズでは来年の手帳が並び、手帳活用に関する特集やらで、すでに2010年を意識してしまう。

この季節は毎年、1年を振り返り、来年に向けてやりたいことなどをぼんやり考えるのも楽しい。さらに、お気に入りの手帳に書き込んだり、シール貼ったりしていると、次第にワクワクしてくるから不思議。

やり残したことや後悔も、年を越えると「振り出しに戻る」みたいな感じで、すべてチャラになる(ような気がする)からでしょうか。新たにやり直せる感が、前向きにさせるのかも。そう言いながらも、これまでの人生、後悔したことはあまりなく、過ぎ去った過去は自然と記憶から抜け落ちていくという神の恩恵?を受けている。(でも、反省はしよう)

やがてやってくる「まっさら」な2010年。どんな年になるのかなぁ。

新月の願い事

今日は新月です。

新月の日に願い事をすると叶うと言われています。私もこれまで新月のたびに願い事をして、気がつくと叶っていたりなんかします。先日も、以前書いた「2009年10月に○○する」という願いが叶ったばかりです。

というわけで、今日も願い事を書いてみようと思います。知らない人のために、願い方を以下に書きますね。

・願い事は2件以上、10件以内
・必ず紙にペンで書く(消しゴムで消せる鉛筆などは不可。パソコンも×)
・他人の心をコントロールするような書き方はしない(○○さんが○○してくれますように、ではなくて、自分ができることを書く)
・すんなりと叶いますように、という書き方にすると以外とすんなり叶う。
・書いたらあとは宇宙に任せる(こだわりすぎない)
・願いを書いた紙は人に見せない
・願いが叶うと信じる

今月は天秤座の新月というこで、公私共に「パートナーシップ」とか「調和」について強力なサポートが得られるらしい。天秤座に関係するキーワードはこちら↓

 結婚、交渉術、 パートナーシップ
 調和、チームワーク強化
 社交性を高めること、外交手腕

でも、基本的にはこれらに拘らず、好きなことを願えばいい。

通常、新月直後(今日の14:42)から48時間以内に願うのですが、今月は、14:42から23:26まで、「ボイドタイム(void time)」と言って、間違いが起きやすいという理由で、この時間は避けたほうがいいそうな。

そんなわけで、今日の23時半ぐらいから書いてみるとしよう。

ちなみに、私はこの新月の願い事と、以前このブログでも紹介した「コスモマップ」を併用することがあります。今回は、今日の新月を利用して、この「コスモマップ」を書き直そうと思っています。

 

苦手なこと

13mai.jpg先週、上司と衝突し、久しぶりにメラメラとした怒りを胸に覚え、この先どうなるかしら、と思いながらタロットに聞いてみた。

1枚目の「カップ2逆」は今の私とその上司の状況を表して出た感じ。二人のフィーリングの違いとか、考えや感覚が異なることを意味している。目が行くのが、その左にある「塔」のカード。「突然のトラブルや精神的に影響のある出来事」を表しているので、まさに先週の衝突を表現している。しかし、それが“ポジティブ面”として出ているので、どうやらその出来事は意味があり、私にとってプラスだとタロットは言うのだ。そして、ネガティブ面として出ている右隣の「カップ5」から、その上司との関係について、「あまり気を遣い過ぎなくていい」らしい。

それよりも、「コイン6」が表すように、今私が気にすべきは、周りにいる人々(同僚だったり、部下だったり)との関係だという。十字の下にある「ソード6逆」は、「新しい人が入ってくる」という意味があり、おそらくこれは、つい先週発表になったばかりの人事異動に関係しているかも。11月にまた新しい人数名が今の職場にやってくる。そんな背景もあり、コイン6=複数の人々との交流や時間の共有をしていくことになりそうだ。

続きを読む

無条件の愛

久々に近所の市営図書館に行ったら「4月から借りれる本の数が5冊から10冊になります」と入り口に書いてあった。「4月って来年の4月のことですか?」とカウンターにいた女性に聞いてみたら、「今年の4月です」だって。紛らわしい。だったら、「借りれる本の数が5冊から10冊になりました。」に変えとけばいいのに。こういうとこ、お役所っぽいなぁ、と思ったけど、その女性の純粋無垢な笑顔が良かったので、帳消しになった。人の気持ちなんてそんなもんである。

そんなわけで、横森理香さんの「横森式幸せになるコツ」を借りてきた。横森さんはスピ的視点も持ちながら、地に足ついたシンプル生活をしている人ということもあり、彼女の本はよく読んでいる。その本のなかで、“無条件の愛を惜しまない”というコラムがあった。ちょっと、そこから抜粋。

続きを読む

答えのない不確かさ

どうも調子が悪い・・・。
なんとなく、物事がスムーズに流れていかない感覚がマトワリついていて、落ち着かないのです。胸の辺りがザワザワするというか、センタリングができてないというか。

そんな気持ちを誰かに説明しようとしてもうまく説明できず、おもむろにタロちゃんに聞いてみる。そして、出た2枚を見てさらに落ち込む・・・。

mayo.jpg『審判逆』と『恋人たち逆』。どちらも「答えがハッキリしない」という共通点がある。『恋人たち逆』は、気持ちが定まっていない、という「迷い」を意味するカード。「まだ答えが出ない」という『審判』のカードとのダブルパンチで、私の胸の中のザワザワ感をうまく表している感じ。

こういうときは、何かに結論を出すことなどできそうもなく、自分の落ち着かなさの原因が何なのか、もう少し感じてみる必要がありそうです。

私の場合、こういう調子の悪さは何かに対する「信頼」が弱っているときで、改めて、「信頼する」というキーワードについて考えることになります。昔、“視える”方に視ていただいたときに、「他人や自分自身への不信感が、あなたの人生や人間関係のネックになっている」と言われたことがあり、妙に腑に落ちたときがあります。

続きを読む

情が大事

何故か全身、筋肉痛です。
金曜日は東京出張で、とある大企業を訪問。総理官邸と国会議事堂を見下ろすビルの中にある受付フロアは所々に警備員が立ち並び、何台かあるエレベーターは5畳というデカさ。おのぼりさんに見えないように、心の中で「すご~い」と叫ぶ。

さて、先日会社で軽い人事異動と組織変更の発表があり、私は上司が変わっただけで、特に異動の対象にならなかったのだけど、ここ最近モチベーションが下がっていて、これからどうしようかとボンヤリ考える始末。やる気を回復せねば、ということで、タロットに聞いてみた。

「再びやる気を取り戻して仕事をするために、どうしたら良いか?」

出た答えはこれ↓
shigoto.jpg

続きを読む

2本の剣

ken.jpg会社で10月からの新組織の発表がありました。半年に一度はある組織変更&人事異動。今回も私が所属する部署に一部変更があり、今後の新組織での自分自身の心構えみたいなものをタロットに聴いてみた。

「うまくやっていくために私は何を大事にし、何に気をつければいいのか?」

でた答えは、『ソードA』&『ソードクイーン逆』。

ふと目に入ったのが、『ソードA』の青い剣と、『ソードクイーン逆』の赤い剣。どちらもソードだから、「真剣さ、信念、本質、厳しさ」といったソードの価値観が大事なのだけど、青い剣と赤い剣では受ける印象が違う。青い剣は、「理性」という言葉が浮かび、赤い剣は「情」という言葉が浮かぶ。

続きを読む

スーザンの歌声に

シルバーウィークも最終日。連休中は「書きたい」モードがフツフツと湧いていて、珍しく、続けてブログアップしています。

昨日だったか、朝起きたら「スッキリ!!」という番組で、スーザン・ボイルのアルバムの話題をやっていました。知らない人のために、スーザン・ボイルという人は、イギリスの素人オーディション番組で、その冴えない感じの見かけからは想像できない素晴らしい歌声を披露し、一躍有名になった女性です。

その彼女の初のカバーアルバムが11月25日に発売されるということで、既に予約殺到。番組ではその中の一曲、「Cry Me a River」という曲を流していました。私の好きな曲、だったせいもあるのですが、何故かその歌声を聴いて涙がツーと頬を伝う。歳をとると涙もろくなるとも言いますが、私はきっとこれは、朝起きがけに聴いてしまったからだと思っています。

こっからちょっとスピですが・・・、

続きを読む

魔女のおっぱい

今日はテレビで『魔女たちの22時スペシャル』をやっていた。

今まで出てきた人たちをまとめて編集したものなので、ほとんと見たことある人たちばかりなのだけど、今までで一番ドギモを抜かれた魔女が今日も出ていて、思わずテレビに向かって写メで撮っちゃいました。

majo.jpg見て。超キレイなデコルテ&ちち。
なんとこの女性、整形もせずに、AカップからHカップになっちゃったんである。毎日二の腕とお腹の脂肪をほぐしてほぐして、その脂肪をぐい~っと「ちち」に持っていくのだそうな。

そして出来上がったのが写真の「びちち(美乳)」。これだけでも驚きなのに、なんとこの女性は還暦(60歳)だというではないか!初めて見たときは、「ひえ~」と仰け反るほどに驚いたが、そのとき私は強く思ったんである。美女は、もとい、魔女は一日して成らず。

こんな「びちち」があれば、60歳でもモテモテに違いない。

私はこの番組を見るたびに、「うかうかしてられないわ。」と思う。そして、“魔女があみだしたエクササイズ”なるものを真似してみる。そうすると、ちょっとだけ魔女になったような気分になるから不思議である。

隠れ家的カフェ

gste0.jpg今日は知人とお茶をしにちょっと街へ。ネットで見つけた小洒落た感じのカフェ『Bunch of Peonies』に行ってきました。入り口は花屋さんかと思うくらい緑がたくさん置いてあり、いい感じ。

中は結構狭くて、2~4人掛けのテーブルが5つほど並んでいるだけ。店員さんは女性一人。基本的にメニューは飲み物とケーキとスープだけ。

soup.jpg頼んだのは「スープ&焼きたてパン&デザート&ドリンク セット」で、1,000円だよ。今日のスープは、「ごぼう」か「パプリカ」。というわけで、私はパプリカのスープを頼みました。大き目のカップに結構たっぷり入っていて、これだけでお腹いっぱい。白パンと黒ごまパンも美味しかった。

cake.jpgスープを食べ終わった頃に、デザートとドリンクがやってきた。私は写真のチーズケーキ。他にも紅茶のスコーンとか、チョコレートケーキとか頼めます。写真のドリンクはカフェラテだけど、なんだかカフェオレの味がしました。普通にコーヒーを頼めばよかったと、ちょっと後悔。

inside.jpgでも、チーズケーキも美味しく満足です。お店はやっぱり女性向かな。白い壁と木のテーブルがシンプルで、天上のシャンデリアも出しゃばり過ぎず、といった雰囲気です。ただ、若干狭い感があり、隣の人の話し声がバンバン聞こえます。秘密の話がしたいときには向きません。

場所はちょっとだけ外れたところにあるので分かりづらいですが、その分、狭い店の割には座れるかも。

今日の指針

2mai.jpg今日の指針、として引いた2枚。『バトン6逆』と『カップ7逆』。『バトン6』のメッセージは、「相手の欲するものを与え、自分の欲するものを得る」ということ。良く言えばギブ&テイク。悪く言えば、相手に見返りを求めるということ。

でも、ここで出たのは逆位置。逆位置だと、「少し自分が損するくらいでいい」という意味になる。相手に与えた分だけキッチリ返してもらう、のではなく、ちょっと足りないくらいでいいじゃないか、という意味合いがある。

そして、『カップ7逆』が伝えるメッセージは、「できると思っていたことが、できないと気づく」。簡単に言えば、理想と現実のギャップを知る、ということである。7つのカップの中にはたくさんの期待が詰まっていたはず。「これもあるかも、あれもあるかも」と期待に胸を膨らませ、カップの中を覗いてみると、自分が欲していたものではなかったり、あるいは、「7つの中からどれか1つしか選べませんよ。」と言われたりする。

2枚に共通するタロちゃんのメッセージは、「欲を出しすぎないでね。」ということでしょうか。ポジティブに解釈すれば、「少し足りないくらいがちょうどいい」。

全然無いわけではない。無いものに目を向けるより、得られるものに目を向けるほうが、きっと賢い生き方なのでしょう。

大人になったら

今日の『HEYHEYHEY』は70年代80年代の名曲スペシャルをやっていた。懐かしい曲ばっかり。ちいちゃい頃、よく真似して踊ったピンクレディからバブル時代に聴いたちょっと“ギンギン”な曲まで。濃いな~、化粧。眉毛太いし。

石野真子の「狼なんか怖くない」が流れて、今更ながらその歌詞を聴いて改めて時代を感じてしまった。

“あなたも狼に変わりますかぁ~♪”

いまどき、男の人を狼に例えたりしませんよね

metre2.jpgそして、ゴダイゴ「銀河鉄道999」で思い出したのが、長~い睫毛のメーテル。幼いながらに、「キレイな人だなぁ~」と憧れていたキャラクター。以前ブログに書いたもう一人の憧れの女性「ベラ姐さん」とよい勝負。きっと、大人になったら「ハード路線(ベラ)」で行くか、「ソフト路線(メーテル)」で行くか、ウキウキしながら考えていたに違いない。

子供は夢を見るものである。

さて、昨日借りてきたDVD『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を見ようと思ったら、DVDプレーヤーが動かない。おかしい。昨日は見れたのに。何度“オープン/クローズ”ボタンを押しても、「ウーン」と鈍い音がするだけで、開かない。

続きを読む

病み上がりですが

今週は月~水曜と出張で札幌に。

ところが、帰りの飛行機に乗ったあたりからカラダが熱っぽく、ダルさで超眠い。「まさか、インフルエンザでは!?」と不安になり、今日は会社を休んで検査をしてもらいに病院に。鼻の奥深くまで細長い綿棒を入れられ、「いや~っ」と心の中で叫ぶ。終わったときにはあまりの鼻心地の悪さに、左目の端から涙がツーっと流れ落ちていた。

結果は陰性で一安心。半日寝たら大分良くなり、19時くらいからムクムク起きて、テレビをつけると、『本当にスゴイ!占い師』という特番をやっていた。

巷で噂の占い師たちの紹介。結構タロットカードを使う人達が多くびっくり。絵柄を見ているとほとんどがウェイト版を使っていたけどね。その中で、昔化学者をやっていて、あらゆる占いを疑ってそれを暴く為に研究をしていたけど、タロットだけは、唯一否定できなかったという男性が登場していて、「やっぱりタロットはすごいでしょ。」と一人で頷く。

それにしても、占い師ってつくづくカウンセラーだなぁ、と思ってしまった。相手にストレートに言葉をかけることもあれば、優しく励ますこともあり。泣き出す相談者にタイミング良くティッシュを差し出すあたり、慣れたものである。相談者も、知らない相手だからこそ、「実は・・・」と、自分が抱える秘密を語りだす。相談者からしてみたら、誰も知らない自分の心の内を見抜いてしまう(ようにみえる)占い師は、ある種特別な存在なのでしょう。

続きを読む

変化の季節

今日は知人に会いに出掛けついでに若者が集まるファッションビルに立ち寄ってみました。

「なんだか浮いてる」と思いながらも、香水ショップを覗いていると、「何かお探しですかぁ~?」と茶髪の女の子が声をかけてきました。あまりにたくさんの種類があるのでどれがいいか分からないと言うと、「これなんかいい香りですよぉ。一時期、超ヤバイくらい売れててぇ、いつも欠品だったときがあったんですけどぉ、万人受けするから、おススメですよぉ。」と言われ、安かったので購入。なんか、面白かった。

さて、今日もタロットを引いてみました。出たカードは『カップ6逆』&『悪魔逆』。
mirai.jpg

『カップ6逆』は「過去に囚われず、未来に気持ちを向けること」を、『悪魔逆』は、「今までつながっていた人との絆が薄れてしまうこと」を意味します。

そろそろ人事異動の季節。去る人もいれば、出会う人もいるのでしょう。変化は容赦なくやってきますね。時の流れに抗うことはできないようです。
スピ部について

スピリチュアル部

Author:スピリチュアル部
某企業でヒッソリと活動しているアングラ的スピリチュアル部(通称:スピ部)メンバーによるブログ。

カテゴリー
スピ部推奨サイト
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。